アニメ 灼眼のシャナⅡ11/24

【灼眼のシャナⅡ11/24放送分より】
マージョリー姐さんファン待望の回「過去への扉」だっ!

いやあ、参りました。マージョリー姐さんの魅力満載のお話が
いよいよ登場しました!
姐さん命のオラとしては、涙がこみ上げてくるくらい・・・・・・

いや、マジだから。

めんどくさがりのオラなのであんまりこういうことはやんないんだけど、
今回はキャプ画像でストーリーを追いたいと思った次第ですだよ。

よければお付き合いを。

まずはオープニング。姐さんのフレイムヘイズとしての行動原理の根本たる
銀との遭遇を夢に見ているシーン。
「そいつらを殺すのは私よ!」
1124-1銀との遭遇

目が覚めた姐さん。
1124-2夢から覚める

佐藤に呼ばれて振り返る姐さん。
1124-3呼ばれて振り向く

「だったら教えてあげる。私の生きてきた世界を……」佐藤たちに向かって語り始める姐さん。
1124-4過去を振り返る

大恐慌時代のニューヨークにて徒を発見、攻撃を仕掛ける姐さん。
若く見えるが、姐さん年はとらないので、服装が違うだけだよね。
1124-5徒を見つけるNY

徒にとどめ。大きな気配の割りに歯ごたえの無い相手と思ったのだが……
1124-6止めを打つ

実はその大きな気配は徒のボディガードを努める千変・シュドナイのものだった。
逆にやられてしまった姐さん。徒が時を急いでいたため、とどめは打たれなかった。
1124-7倒される

姐さんファンがうををををを!と叫んだ瞬間。姉さんの着替えシーン。
美しい……ため息しか出ません。
1124-8着替える

これまた神々しいのが、マルコシアスに清めの炎で身を清めてもらうシーン。
1124-9清めの炎

「大丈夫ですか!?」風絶の中なのに駆け寄り声をかける者が……思わず姐さんが
振り向くと……
1124-10見られる

少年フレイムヘイズ、ユーリィがそこに。ばっちり見られてしまう。
ユーリィ!てめえ!オラたちを差し置いて!
1124-11ユーリィ

姐さんのアイキャッチ。髪を下ろした姐さんも素敵ですな。
1124-12アイキャッチ

訳ありのフレイムヘイズ、イーストエッジとのやりとり。
「あの少年、どう思う?」
「向いてないわね……徒に対する怒りが感じられない。それにあの子…おかしい…」
それにしても姐さんにはバーカウンターがよく似合う。
1124-13イーストエッジと

1124-14物思う

徒(ともがら)の探索中、ユーリィの子犬のような表情に照れる姐さん。
1124-15子犬顔に照れる

戦いに向いていない人間としての弱点を抱えたフレイムヘイズ、ユーリィに
厳しく「帰れ」と言い渡す姐さん。
1124-16気遣い別れる

徒(アナベルグ)の倒滅に向かう姐さん。
1124-17戦いに臨む

そして封絶を張る姐さん。
やっぱ戦いに臨むときが一番かっこいいっすよ、姐さん!!!
1124-18風絶を張る


てなわけで次週に続いちゃうわけですが、
次週も絶対に見逃せないわけですよ!
しかも、次週、涙、いただきますよ。100%泣けるはずです。

オラは泣きます。ええ、泣きますとも。
ああ、楽しみだっ!
スポンサーサイト

もうすぐ冬

つーかもう冬かな?

ここ数日はわりと暖かかったけど、明日からまた寒くなるらしいよ。

秋の名残の写真。

20071127072503


家の近所の桜の木。
近辺の桜の中では花も一番、紅葉も一番だ。

今日のマンガ

【妄想少女オタク系】by紺條夏生

恋した女の子が腐女子だったら…
しかもその子には親友とBLな恋人同志だと思われて…

何度読んでも爆笑してしまうオラでした。

そんな爆笑マンガが実写映画に!
○12/8~吉祥寺バウスシアター
○12/22~渋谷Q-AXシネマ
妄想少女01妄想少女02
妄想少女03

この秋のドラマ~キューティーハニー THE LIVE

【キューティーハニー THE LIVE】

実はですねえ、これがけっこういけてるんですわ。
ポイントは3つ。

1.ハニーのバカっぷり

原 幹恵ちゃんの演ずるところのハニーの底抜けの明るさ、というか
バカっぷりが徹底していて◎です。巨乳よりも、その徹底振りに目が行きます。

2.シスターミキ(THE LIVEオリジナルキャラ)のクールっぷり

水崎綾女ちゃんの演ずるところの早乙女ミキのローンウルフっぷりが
とってもクールなのです。フラッシュしたあとのシスターミキもオラには実は
ハニーよりもキテます。

3.バトルシーンがイイ!

ハニーとかシスターミキとかのバトルシーン。スタントとか使ってるのかどうか、
けっこう迫力があってかっこいいんですよね。綾女ちゃんとか、腕とかギンギンに
筋肉痛とかでつらい思いしてるらしいっすよ。

今回(11/21)はじめて竹田真恋人ちゃん演ずる剣持ユキ(オリジナルキャラ)が
出てきましたが(まだフラッシュはなし)今後どう絡んでくるのか楽しみです。

また、エリカさん演ずる烏川真由美(パンサークローの幹部)も登場し、
ちょっとエロっぽい雰囲気も出てまいりました。ま、深夜だし。

製作側も「見てもらえる実写版」を頑張って作ってくれてる気がするのは
オラの目が甘いのでしょうか。

ハニー、シスターミキ、シスターユキ、頑張れ!

パンサークローの渡さん、中条君もなかなかいいキャラですぜ。
最近早見の影が薄くねーか?

ハニーミキユキ早見
中条渡烏川

あっという間に11月も・・・

なんでしょうねぇ。

11月22日ですねぇ。

明日から世の中は3連休ですねぇ。
オラは2連休の後12時間勤務ですけど。

まあ、それはいいとしましょう。

あと1ヶ月ちょっとで、2007年も終りですよ!
2008年がやってくるですよ!

またしばらく、お客様が申請書に「2007年○月○日」と書いてくるのを電話して確認して直す日々が続くですよ・・・って、そんな事はどうでもいいのさ。

早いね、一年・・・ってのが今日のテーマでした。

お昼にお弁当を売っているおばさんも言ってた。
つーかこの時期、だれでも一度は口にするフレーズだろうね。

でもさ、別にそう思うのが6月でも10月でもいいと思うわけよ。

じとじと雨が続く時に、
「あ~あ。一年なんてあっという間だなあ。」
とはあまりみんな言わないよね。
「あ~あ、毎日じめじめしてやだなあ。」
だよね。

秋晴れのある休みの日に、
「こんな日は一年なんてあっという間だと思うね。」
なんて人はいなくて、
「こんな日は食欲の秋を感じるなあ。」だよね。

でもやっぱり12月は
「一年なんてあっという間」
なんだよ。

日本の年度ってやつは3月に終わって4月に始まるんだから、
そのときにしみじみとそう言えばいいのにね。
ま、たいていその時期はみなバタバタと忙しいから
そんなこと言ってる暇も無いのかな。

明日は秋葉原でアスキーがお祭りをやるらしい。
明後日明々後日は電撃15年祭だ。

日々はどんどん過ぎていく。

死ぬまでに後どれだけアニメを見られるんだろう。
どれだけマンガを読めるんだろう。
どれだけ曲を書けるだろう。
どれだけ英単語を覚えられるんだろう。
どれだけ文章をかけるんだろう。
書きかけの小説ははたしていくつ完成するんだろう。

ま、どれひとつとっても世の中の役には立ちそうも無いけどね。

「あとどれだけ・・・」を考え始めると、
中年なんだそうだ。

・・・・・・・やっぱり?

また髪を染めようかな。
変なおやぢだ・・・・・・・

取り合えずなんかよくわかんないけど頑張ろうと思う。
うん。がんばろう。

みんなもとりあえず頑張れ。

今日はもう寝よう。
明日のためにナ。

荒川アンダーザブリッジ

最新刊6巻が11/24に発売!
発売記念イベントとして12/1(土)14:00から作者の中村光さんの記念サイン会があるよ!
場所は恵比寿の有隣堂アトレ恵比寿店。
03(5475)8384に早速電話して予約だ!
(10/19予約開始で、定員になり次第締め切りだから、もう埋まっちゃったかな?)

店舗の場所は⇒こちら

今日のオススメ~マンガ

【壮太君のアキハバラ奮闘記】

なんとなくアキハバラと言う響きだけで手に取った一冊。

見た目爽やかな高校生男子の壮太君、実は二次元ヒロインのパピコに夢中の真性バリバリのヲタク男子。

クラスメイトにも彼女にも秘密にしていた事実もやがて隠し切れなくなり…
と言うお話なんですが、アキバの変態店長やら壮太君と一緒にカミングアウトした友人やらユニークなキャラとのカラミがイイのです。

五巻での新しい展開ではヲタクマンガの面目躍如。

壮太君の彼女の健気さにも感動必至ですぞ。


早すぎる死

教員やってた時の仲間が亡くなった。

オラと同い年。
46才。

急性心不全だって。

妻も子供もいる働き盛りだよ。
やりかけてた事一杯あったはずだよ。

悔しかったろうなあ。


明日通夜に行ってくる。

あいつには世話になりっぱなしでまだ恩を返してなかったのに…

冗談でよく「エッチなお店にいつか一緒に」って言ってたよな。

もう行けないよ…

さよなら。

オラ、頑張って生きるから。
生きる元気あの時くれたの、あんただから。

後から追っかけたとき、
「何やってたんだよ。」とか言われないように
頑張るから。

じゃあな。

フルメタル・パニック?ふもっふ

【フルメタルパニック?ふもっふ】
ふもっふ


2003年の作品だったんですねえ。つーか、今頃夢中になっているオラって・・・

さて、内容に関してはWikipediaからの引用。

「原作の短編をアニメ化。そのためシリアス要素がほとんどなく、完全にドタバタ学園ラブコメディである。本編が現実の政治、世界情勢を織り込んだシリアス調なだけに、180度違った趣向・演出がなされており、かえって笑いが引き立つ。一部の回では放送時間30分のうち、前後半15分でタイトル名が異なる。アニメーション制作は京都アニメーションが担当している。
長崎での幼児誘拐殺害事件の直後であったことを受けて、放送されない話があった(その未放映の話はビデオ・DVD化の際に収録された。ただし、DVDの収録は放送順と一部異なる)。なおDVDでボイスチェンジャー機能をOFFにするとシステムが落ちるというおまけ要素もファンの中で話題となった。」

うん、なるほど書かれている通り。短編をアニメ化したものだったんだ。もとのラノベを読んでないので、アニメを見ただけの感想になっちゃうオラです。

いやいや、あっという間に見てしまいました。
このところTSUTAYAで3週間にわたり、半額セールをやってくれちゃったりしちゃったものだから、大人借りをしちゃいまして・・・

でも、ふもっふは6枚ですからね。

今日は平日休みだったので、ふもっふ3枚に、TSR3枚、見ちゃいましたよ。それに加えてTVでとりためたバンブーとかハニーとかもやしもんとか見なくちゃいけなくて、けっこう目が疲れたです。

ふもっふですが、テッサが陣代高校に短期留学してくる「女神の来日」受難編と温泉編がやはりナイスではないでしょうか。

特に、温泉編の風間君のファイトぶりは賞賛に値するもので、彼が温泉に飛び込んだ瞬間は、腹を抱えてしまいました。

「ままならないブルーバード」のラストで宗介がかなめに「きれいだ」と言う(言わされる?)シーンなんかも大好きです。

「仁義なきファンシー」などのボン太くんたちにも心を奪われました。ふもふもランドが現実のものであればなどとたわけたことを心によぎらせるオラです。

今日のオススメ

【とめはねっ!】by河合克敏
とめはねっ!


ヤングサンデーコミックス

自称、「マンガ界のマイナージャンルをさまよう作家」河合克敏さんの作品です。

題名からもわかる通り書道マンガです。


登場人物紹介>>
・大江縁:主人公、男子。カナダはプリンスエドワード島からの帰国子女。見た目と雰囲気が帰国子女的ではないため、「がっかり帰国子女」と呼ばれる。気が弱い。祖母が達筆。素質十分?

・望月結希:もう一人の主人公。柔道少女。全国二位の実力を持つが、部員不足になやむ鈴里高校書道部の部員の策略により、書道部に入る。字が恐ろしく下手。無理矢理入らされた書道部で「字がうまくなりたい」と本気で思い始める。

・日野ひろみ:鈴里高校書道部部長。気が優しく、書道に真剣に取り組む。鵠沼学園書道部の部長である双子の妹がいる。(性格は真反対)

・加茂杏子:鈴里高校書道部副部長。長身でスタイルがよいが、目は細い。中学時代からどうも姉さん(あねさん)的な存在であったらしく、後輩の男子などに恐れられる。

・三輪詩織:鈴里高校書道部会計。かわいらしい外見とは裏腹に腹黒なキャラ。加茂とともにそれなりに部活にとりくむ。

・影山先生:鈴里高校書道部顧問。加茂、三輪のいじめにより指導を放棄するが、新入生たちの入部後、いろいろあって指導にかかわるようになる。学校では祐筆をつとめるなど、書道の力量は十分。

・日野よしみ:日野ひろみの双子の妹。鵠沼学園高校書道部部長。加茂に「ブラック日野」と呼ばれるなど、姉とは正反対の性格。ひろみに激しい対抗心を燃やす。

・勅使河原亮:鵠沼学園高校書道部一年。並々ならぬ実力を持つ唯一の男子部員。なかなかのハンサムで、望月結希に気がある。

・三浦清風:県下有数の書家。鈴里高校、鵠沼高校の書道部にさまざまにかかわってくる。加茂にエロじじいと呼ばれる。なかなかの人物と見た。


一見地味に見える書道の世界ですが、やっぱり地味は地味です。

それでも読者を飽きさせないストーリー展開にオラはハマりました。
揮毫パフォーマンスなど、実際にありそうなエピソードも興味をそそられます。

背景にさりげなく書かれている字も、読者から募集したものだったり、企画も色々です。
今後の展開が楽しみな一冊だす。

あれ?11月だ

気が付くと11月になっております。

今年もあと二ヶ月を切りました。

来年1月3日には高校時代の部活の同窓会があります。

初恋の人に20数年ぶりに会います。

ちょっとドキドキしたりして。

でも絶対にドラマは産まれないんだなこれが。

へんっ。
オラだって成長したんだいっ!

フルメタル・パニック

フルメタルパニックの第一シーズン、見終わりました。
思ったよりもシリアスな展開に
最後までわくわくドキドキでありました。

「ふもっふ」借りてきました。

楽しみであります。
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Author:ヲタおやぢ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク