2008年7月30日(水)

実を言うと、アニメ「ストライクウィッチーズ」をみて、
パンツ(の様に見えるもの)姿の女子達に
あまり違和感を感じなかったオラなのであった。

というのも、中学時代(35年くらい前かのう・・・)
オラの中学では、掃除の時間になると、
普通に女子達はスカートを脱ぎ、
上は制服、下はブルマという姿になっていたのだ。

体操着にブルマならまあ今でもギリでありかとは思うが、
さすがに制服ブルマは今ならアウトだろうな、と思う。

ブルマ
まあ、そんなわけでオラたちの世代は
ブルマには耐性があるので、
ストライクウイッチーズは普通に見られる、と言いたかったのだな。

さあ、おじさんたち、
ストライクウイッチーズを見るがいいさ!

スポンサーサイト

今日のマンガ【まじかる無双戦士 突き刺せ!!呂布子ちゃん】

【まじかる無双戦士 突き刺せ!!呂布子ちゃん】by鈴木次郎

以前も言ったかもしれないけど、
鈴木次郎さんは、れっきとした女性です。

そういえばこんど、とらのあなとのコラボ企画で
先生のイメージキャラ「しゅもくざめ」くんのぬいぐるみが登場するらしい。

ほすぃ。

さてさて呂布子ちゃん、
この三巻ではけっこうマジでバトったりしてます。

でも後半は鈴木先生ならではのギャグのオンパレード。

最初は「壮太くん」の中の呂布子ちゃんとのギャップで
一歩引いてたオラでしたが、
二巻、三巻と進むにつれ、
鈴木先生のなかではじけているものがガンガン伝わってくるようで、
のめりこまざるを得まいっ!って感じです。

皆さんもどうぞ。

あ、そういえばみなさん、
聖☆おにいさんの二巻も出てますから、
まだ買ってない人は書店にGoですぞ。

読むと・・・・・・・・・・・・ぷぷっ・・・・・・・・・・・・

て感じです。



2008年7月29日(火)

昨日今日とえらくお仕事が忙しかった。
まあ、こんな日もあるだろうさ。
でも、二日続くとねえ。

正直、忙しい方がありがたい。
時間があっという間に過ぎるからね。
ただ、改善作業(お仕事のノルマ部分)に割ける時間が無くなるのが
ちいっと悩ましいな。

でもまあ、夜勤の日にその分頑張ればいいさ。

さて、今日も今日とてそうそうネタはなく、
小説の挿絵ネタでお茶を濁すオラだった。

これは、二年生になった主人公に、
同じクラスの女子学級委員で、部活も一緒の子に
しみじみと語るシーン。

この日、部活のあとちょっとした山場があるんだけど、
本編にてどうぞお読みいただけると。
(まだまだ公開は先だけどね。)

篠原しみじみ
この娘は「篠宮良子」と言って、
クールで知的な脇役であります。

そのうち、水着姿も披露してくれるはず。
ま、水着姿を披露する際には
オラもかなり疲労するはずだけどな。

・・・・・・駄洒落だよっ。

ではまた。

おだっくいLove 追加

おだっくいLove、第一章に03、04(【三】~【六】)追加しました。

中学校生活が始まり、いよいよ部活を決めることになった亮介。
絵里ちゃんが何部に入るかわからないままテニス部に仮入部しますが・・・・・・

おだっくいLove はじめました

はずかすぃ小説が完成しますた。
少しずつお披露目しますので、暇つぶしにひつまぶしでもたべながらどうぞ。

【おだっくいLove】
我が初恋を99%の妄想ですっかり作り変えてしまいますた。
ある中学生男子が女の子に一目ぼれして、
友人の助けを得ながらなんとかかんとかゴールにたどり着き、
友人達と楽しく一生懸命な毎日を過ごすという、
「そんなんあるかっ!」的な小説です。

現実にはそんなにうまく行かないことを
せめて小説の中くらいはいろいろやらせてほっすぃーという
現実逃避の物語であります。

今回は序章~第一章の【一】の二本です。

右のリンクから逝くか、
こちらからどうぞ。

42話完結です。けっこう長いぞ。

2008年7月28日(月)

更にお話は進み、
主人公に恋してると勘違いした(?)美里先輩が
自分の気持ちを確かめるために主人公に強制キスという場面。

ま、ありえないけどな。
でもコレに近いシチュエーションが中学時代確かにあったもんでな。

マイワイフには内緒で。m(_ _)m
キスその一

ていうか、日記はどうした、日記は!
ネタは黙ってても浮かぶもんじゃないぞ!
足で稼ぐんだ!
・・・・・・そうだっけ・・・・・・???


間違えた!

生天目さん、ごめんなさい!

漢字間違えちゃいました!
帰ったらすぐ直します!

2008/07/28 19:10 直しました!

2008年7月27日(日)

最近ネタがない。
というか、考えてない。
次から次へとやることができて、
どれも中途半端に進んでいくような気がする。
このまま何一つ達成することもなく一生を終えるのだろうかなどという
馬鹿げた考えが頭をよぎる。
あながち馬鹿げているとも言えないのかもしれないが・・・・・・

というわけで今日も挿絵ネタ。
小説の頭で主人公が「スポーツ刈りにして欲しい」とたのんだところ、
「坊主刈り」にされてしまったくだり。

続きを読む

続・おでかけ

かまくらに着いたオラたちは
娘のリクエストで、
小町通の散策へと向かった。

あいやー、女子達をここへ向かわせたのは・・・・・・
案の定、気になる店を一軒一軒チェックだ。
ものすごい時間をかけて300Mくらい進んだ。

「あれ?この『雪ノ下』って、テレビでやってた奴じゃない?」
「そうそう、サッカーの北澤くんがなんかおいしそうなの食べてた!」

ちょっと早いが昼食となる。
地元で取れた野菜を湯がいてオリジナルソースで頂く定食が、
すばらしくおいしかった。

オラは魚のコースにしたがな。(金目鯛のポアレだ。)

食後、散策は続く。
永遠とも思われる40分を過ごした後、我々は八幡宮へと向かった。
暑い。

ズボンを短パンに履き替えたオラ。

八幡宮ではなんか結婚式をやっていた。
奏楽の方々は汗まみれ。(マジ)
参列者も汗まみれ。(推定)
国際結婚らしく、新郎(西洋人。イケメン)側の列席者は
けっこういろんな国の礼装でいらしたようだった。素敵な衣装を見られてGood

久しぶりに八幡宮から段蔓を見下ろす。
ふむふむ、昔もこんな感じだったかな。

遠くに見えた横須賀線がステンレス車になっていたのが
時の経ったのを感じさせた。

その後オラたちはなんと海へと向かう。
由比ガ浜の海水浴場まで20分ほどで着いた。

海の家が・・・・・・
桟敷でごろ寝をもくろんでいたオラの期待を見事に裏切ってくれた。

若者向けのチャラいとこばっかりじゃねえか!

しょうがないからチャラ男くんの誘いにそのまま応じたさ。

ま、でもシャワーの個室にそれぞれシャンプーリンスボディシャンプー完備だし、
女性用の冷房完備のお化粧室もありーので、
それなりにいいとこだったのかもしれんが・・・・・・

なんつっても桟敷がないのは我慢ならん!

海の水はぬるかった。
娘と浮き輪でぷかぷか浮いてただけなのに、
やたら疲れた。

幸い薄曇で日差しは弱かったので
真っ赤にはならなかったが、
家に帰ってみてみると
やっぱそれなりに焼けてはいた。

娘もマイワイフも新品の水着ではしゃいでいた。
マイワイフの新しい水着だが、
なかなか・・・うん・・・よかったぞ。(ちょっとテレながら。)<爆死

2時間ほど遊んで、帰途についた。

江ノ電で鎌倉から藤沢まで行き、
小田急に乗り換え、
K駅についたのが7:55だった。
待ち合わせていた上の娘と合流し、
しゃぶしゃぶを食べて家に帰りましたとさ。

日帰りで夏休み気分を満喫したオラたちでありますた。

さすがに夜更かしは出来ず。
翌日のバンド練習にある意味影響が出たのは言うまでもない。
(一夜漬けができなかったのであった・・・・・・バンマス、m(。・ε・。)mスイマソ-ン )



お出掛け

7/26(土)10:13
今オラは江ノ島にいる。
正確に言うと、藤沢から鎌倉に向かう江ノ電の中にいる。

このクソ暑いのに、とか言わない。
娘の夏休みに付き合っているんだから。

寝不足で辛いとか言いながら、気が付くと一番わくわくしている
オラだった。

ホラ、江ノ島駅だ
20080726102026


娘は電車に酔ってふらふらになっている。

可哀想に。

ま、電車を降りれば治るからな。

さーて、鎌倉だ。

2008年7月25日(金)

今書いている小説に、挿絵を描いてみている。
つたない絵だが、入れて見るとそれなりにいい感じだったりする。
まあ、自己満足の世界だがな。
密かな愉しみってやつ?
大人じゃねえな。

で、これが主人公の想い人(言い回しが昭和)の絵里ちゃん。
絵里ちゃん

でもって、主人公がめでたく絵里ちゃんと仲良くなったあと、
そこに波風を立ててくれる役回りの美里先輩。
美里先輩

最後は、盆踊りに行ったときの浴衣三人組。
幸利君と、麻美ちゃんに、絵里ちゃん。
おだっくい ゆかた

いやコレがなかなか楽しいんだけど、
とにかく時間を食うわけで、
最近(ρw-).。o○ 気味。

漫画家さんって、やっぱ体と心を削って仕事してるんだろうな。
ま、こんなもんじゃないとは思うが。

もすこし寝る間を削ってキーボードの練習もしないと。
オラ、死ぬかも。


2008年7月23日(水)

例の奴らがまたやって( ゚д゚)クレタッ

そう、小田急の急行に乗り、
新百合ヶ丘で降りてゆく女子中学生たちである!

我が同僚がまたまた目撃したその一部始終を報告しようっ!

女子中学生in小田急2
いいからおまいら、勉強しろ。

二兎を追う者…

二日間の休みでやろうと思っていた事、
全部中途半端で終わった。

orz

ちょい凹

夜勤から帰って
妙に眠れず結局寝られたのが13:00。

妙な夢を見て
良く眠れなかった感120%

ブログに「師ね」の書き込み。

部屋がいつまでたっても片付かない。
段ボールまとめんのめんどくさい。
鏡音リン・レンで遊ぶ時間がない。

気がつくと出勤時間。
電車が遅れてる

あああああああああ!

明日から頑張ろうっと。

さあて、仕事仕事。


暑すぎ

にしても暑すぎだしょ。
これで梅雨明けてないっつんだから
まいっちんぐマチコ先生だっつーの。

でもね、うちの地下室はまだ涼しさ維持しております。

夜勤にむけて眠っていたら
いきなり街路樹の剪定作業が始まったらしく、
騒音で起こされた。

も~う、まいっちんぐ!

2008年7月17日(木)

最近PCの部屋がオタク部屋と化しているのが
下の娘には気に喰わないらしい。
ようするにオラのヲタ趣味について、いい年こいてなんだ、
ということらしい。

余計なおせわだっつーの。
やっとこの年で好きなことが出来るようになったんだっつーの。

無理解
でも本日、上の娘のほうがより「萌え」「ヲタク」に対してアレルギーがあると判明。
口に出さないだけだったらしい・・・・・・

うーむ。どういう作戦を練れば
娘達をヲタク化できるのだろうか・・・・・・

ま、無理だろうけどな。
そういえば、ぽぽぷれのまおちゃんのパパもミニカー収集オタクで、
大人買いをする姿をまおちゃんはケーベツの目で見ていた、とのことだった。

13~18歳の女子はみなそう言う傾向にある、ということにしておく。

2008年7月16日 ぽぽぷれに行って来た

先日の予告どおり、
ぽぽぷれ」に行って来た。

メイド喫茶である。
しかも、アニメの製作の様子が見られたり、
アフレコ体験が出来たり、
メイドさんと3分間のトークDVDが作れたりと、
他とはちょっち違ったメニューがあるのだ。

恥ずかしながらオラ、メイド喫茶は初めての体験だ。

11時30分の開店を目指し、朝から行動していたのだが、
いきなりの寝坊!
到着したのは11時45分くらいになっていた。

ま、開店してからそうは経ってないから、
大して人もいないだろうと思ったら、
すでに4組ほど入店している。

中でも、オラよりずっと年上と見られるおっさん二人が
ビールの酌み交わしているのにはちょっちおどろいた。

「お帰りなさいませ!ご主人様!」
うむ、ただいま。ってぜってー言おうと思ってたのに、
華麗に忘れてしまっていたオラ。
カウンター席に座ったとさ。

店内は、明るい雰囲気の喫茶店、って感じ。
でも、壁にはたくさんのアニメ画が飾ってあって、まさに、って感じ。

店の奥には、アニメ製作用のデスクがあり、
その向こうには大画面でここで作ってるアニメが流れている。

お昼でもあるので、オラはオムライスを注文しただよ。
登場したオムライスには、ケチャップがかかっていない。
どうすんのかな、と思ったら、ケチャップで絵を描いてくれるとのこと。
おらはニャンコの絵を描いてもらった。

ケータイを忘れて、オムライスの写真が取れなかったのは
返す返すも残念だ。

さて、食べ終わってそのまま帰るのではつまらないので、
トークショーの録画に挑戦。

メイドさんと3分間のフリートークをして、
それを録画してDVDに焼いてくれるサービスだ。
オラについてくれたメイドさんはまおちゃん。
まおちゃん

ただ、ケータイ忘れたし、写真NGだし、
結局DVDキャプって、肖像権に鑑み、絵にしてみた。
ちょっと男の子っぽくなってしまったが、実際には線の細い可愛らしい娘であったぞ。
ツインテールもポイントアップだ。

いつの間にか店内ほぼ満席の状態で、
カメラを前にしたオラはギザハズカシス状態。
汗を拭き吹き収録開始だ。

それにしても、オラ以外に録画サービスやアフレコサービスを選んでる人が
まったくおらんかったのは不思議だ。みんな、何をしに来てるというのか!!!

出来上がったDVDだが、案の定、恥ずかしすぎて人には見せられん。
どうしても見たい人はオラんちまで来るがいいさ。
こんな感じのパッケージに入れてくれる。
ぽぽぷれ DVD表 ぽぽぷれ DVD裏
裏にはご主人様あてのお手紙も書いてあるぞ!

アニメが好きなご主人様、お嬢様にはおすすめだ!
次はアフレコをしに行こうっと。

帰るときには「ご主人様、お出かけでーす!」のあと、
「言ってらっしゃいませ、ご主人様!」のコールでお見送りだ。

13:00頃アキバの街をニヤニヤしながら歩き、アニメイトに消えていった
黒Tシャツのへんなおやぢがいたら、それはきっとオラだったはずだ。

オラ的にはすごく楽しかった。
初めてのメイドカフェ体験にもおすすめかもしれんぞ。

ではまた。




我が家のお稲荷さま~やっぱいいねえ

お稲荷様が、いい。
雰囲気かな。
ゆかなさんやゆーきゃんさんの声が好きだからかな。
大好きなおのでぃもいるしね。

お稲荷さま


なんだかんだ言って
一番好きなキャラクターはコウちゃんですな。
一般的な事柄の説明ができないところ。
これ以上ないドジっ子。
護女としては大変強力。

ゆうきゃんバージョン(男版)の天狐さまにもっと出てきて欲しいオラは
だめな奴でしょうか。

んでもって、恵比寿さまともっと絡んで欲しい。
いや、BL的な奴じゃなくね。

このところ、フォトショは眠っています。
Paint.net使ってます。

レイヤーとかも使えるし、
こんな感じのちょっとしたお絵かきにはいいよね。

そのうちSAIとかに手を出してみようかしら。

ゆかなさんのかわいいほうの声が聞きたくなったので、
フルメタのDVDをこれから見ようと思います。
なにか?

明日はアキバに行って、ぽぽぷれにでも入ってみようと思う。
ぽぽぷれって?
ふふふ・・・・・・詳しくはまたあとでね。



アニメ-ストライク・ウィッチーズ

【ストライク・ウィッチーズ】by島田フミカネ animated by Gonzo
Wikipediaによると・・・・・・
『ストライクウィッチーズ』(STRIKE WITCHES)は、島田フミカネ及びProjekt Kagonish原作・角川書店企画のコラム、ならびにそれを軸とした漫画、小説、アニメーション作品である。
と、あります。

正体不明の異形の敵、ネウロイに対抗するための戦力「連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」に世界中から集められたウィッチたちの活躍を描くアニメ。

ストライク・ウィッチーズ


絵もかわいい。きれい。
主人公をはじめとして、声優陣もOK(沢城みゆきさんもいるしな。真紅の中の人だ)
ストーリーもよさげだ。
魔法が普通に存在する世界、というのもいいじゃないか。

でもね、ひとつだけ疑問が。

なんでみんなぱんつ?
スカートやズボンは?

調べてみました。
あれは、パンツじゃなくて、「パンツのように見えるもの」なんだそうな。
対ネウロイ用の武器、「ストライカーユニット」を装着する上で、
スカートやズボンが邪魔になるので、あの格好なんだって。

こまるんだよねえ、
下の娘が「萌えアレルギー」なんで、
隠れてこそこそ見なきゃなんないじゃないか・・・・・・
AVでもないのに・・・・・・

まあ、開き直って堂々と、という選択肢もあるがな。


2008年7月12日

これは、まあ、ある種の超能力ではないかと・・・・・・

超能力


ヒロ・ナカムラにも負けないぜ!

アニメ-魔法遣いに大切なこと 夏のソラ

第一話の背景(舞台は北海道の美瑛)のリアルな美しさに感動!
主人公のソラを始めとする登場人物の北海道弁の下手さ加減にはOrz

主題歌もいいし、いろいろ期待してます!

8月に始まるGyaOでの前作の配信も楽しみだ。

海の香り

仕事を終えて会社を出ると
じっとりまとわりつく湿気と共に
海の香りがするんですよ。

東陽町はやっぱり
海のそばなのでした。

ドアの外にフナムシが歩いていても
驚かないぞ。

2008年7月11日(木)

オラの上司にあたる、同じグループの紅一点のTさんだが、
毎朝小田急で通勤している。
サラリーマンのオヤジ臭を避けるため、
女性専用車両に乗るらしいのだが、
一緒に乗ってる中学生がバカで困る、と言って怒っている。
(このTさん、コメントが辛口で話を聴いていると大変面白い。)

こんな会話を聞いてしまったそうだ。
これはネタではない、事実である。
(新百合ヶ丘で降りていく女子中学生、おまいらのことだぞ!)

女子中学生in小田急

右側の女の子がわずか2コマで激痩せしたのは
オラの画力がないからだ。

つーか中学生、勉強しろよ、勉強。

2008年7月10日(木)

うわ、ホワイトでつぶさなきゃいけないところが
背景色になっちゃった。
葵ちゃん、爪がグレーでごめんなさい。

野上葵

2008年7月9日(水)

わりとカタ目な男が職場の同じグループにいる。
彼はeコマースのサイト作成に関するヘルプをやっている。
そんな彼Kが珍しくニヤニヤしながらオラに声をかけてきた。

「ヲタさん、ヲタさんの好きそうなショップから入電しましたよ。」
どーれどれ、ちょっとwktkなオラ。

拝見しますと、ランジェリーを身にまとった女性たちが並んでおられる。
ランジェリーとか、夜系のコスプレ用品とか扱ってる店だ。
反応の薄いオラを怪訝そうな顔で見返すKであった。

いやいや、ごめんね、まったく興味がないわけじゃないんだけど。

心の中で叫ぶ。
(まだわからんのか!2次元持って来い!2次元を!)
(2.5次元もありだョ)

2次元万歳

病、ヤヴァイくらいに進行中。

セキレイ

この夏始まったアニメで、最初に見たのがコレ。

一言言っていいですか?
ヒロインの乳がでかすぎます。

ストーリーは面白そうだし、絵柄も好きなほうですが……

乳がでかすぎです。

好きな人、ごめんなさい。
あくまでもコレはオラの私見なので、
怒らずスルーしてください。

とりあえず言っておきたくて。

2008年7月7日(月)

七夕だというのに、こんな話題ですみません。

昨夜のこと。
地下室へ漫画を取りに行こうとしていたオラの肩を
ぐいっとつかむ者がいた。
なんだなんだ、妖怪か?それとも紅世の徒か?
と思ったら、長女が青い顔をして立っていた。

「パパお願い、一緒に来て。確かめて欲しいの・・・・・・」
彼女に手を引かれ、部屋に入ったその時!
奴はそこにいた!

黒光りするその姿は、あっというまにベッドの下の闇へと消え去った。
「いやあああああああああ!」
娘の叫びは暗闇へと吸い込まれていった・・・・・・

キャリー

ていうか、なんでゴキブリごときでああも騒ぐかねえ。
別に噛むわけでもないし、毒持ってるわけでもないのに。

でもね、オラ、一度他の虫と間違えてつかんじゃったことがあるんだ。
そのときの感覚といったら・・・・・・

要するにキモイんだ奴は。
それだけなんだよね。

夏です。
奴らの季節がやってきましたよ・・・・・・

新番組目白押しなのに

7月期開始のアニメですがまだ一本も見ていません。
前期のアニメを見終えてないんです。
それに加えてHEROESにROOKIES、レッドカーペットにエンタの神様。

ああ、オラに時間を!
絵日記も描く時間ねーし。
夕べもそれで3:00だし。

生活改善が必要だな。普通の人になるか、
修羅(ヲタ)の道を行くか。

そんな大した問題じゃねーけどな。


2008年7月6日(日)

ヲタ仲間だと思っていた人に
「裏切られた」と思った事はありませんか?
先日のバンド練習の後、いつもの様に次回の練習びを決めていた時の事。
ヲタ仲間だと思っていたベースのWが、
「じゃあ次は7/27でいいですか?」
と言うので、
「いやぁ、その日はちょっと……」
と言ってやったですよ。
「何かあるんですか?」
と聞き返されたので、ここぞとばかりに、
「ランカ・リーのライブの日じゃないですか!」
とやったわけですよ。
すると奴曰く、
「ランカ…誰ですって?」

オラとしては絶句ですよ。
もうマクロスがどう、ゼントラーディが、クォーターでどうの、
シェリルに憧れてとかなんとかいろいろ説明するのですが、
奴はポカーンですよ。

そんなオラをバンドの他のメンバーが可哀想な人を見る目で見ていたとさ。

病、更に更に進行中。

ランカ・リー

梅雨明けもどき

暑いっちゅーねん。
二日連続30度越えってどーゆーこと?

夏ですか?夏なんですか?
夏なんですね!
北関東では35度越えたところもあるみたいですよ。

そんなクソ暑い今日、オラの選んだ答えは・・・・

温泉!
洗濯、掃除を終え、
たまったアニメをいくつか見終え、
クソ熱い中散歩をして汗を流し、
忘れていたダンボールの片づけを終え、
ぐだぐだになったところで車に乗り込み、
オラは仙川を目指した!

自転車で・・・・・・とも考えたのですが、
まだ死ぬのはいやなので、車にしたオラでした。

湯けむりの里っていうんですけど、
けっこういろんなお風呂があって、サウナとか露天とかあって、
500円なんです。安いでしょ?

でも、お風呂はいったん出ちゃうと再入浴できないので
注意が必要です。

たっぷり時間をかけて湯を堪能し、
あがったオラは、ビール・・・・・・おっといけねえ、
ビール風味飲料をぐいっとあおり、
ぷはーっ!!!!

気分だけですけどね。気持ちいかったですよ。

帰ってきてしばらくは汗も引いていたんですが、
やはり我慢ならなくなり、
16:55、空調機のスイッチを入れましたとも。

天国やぁ~~~~~~

そのままスイッチは切られることなく、今に至ります。

でもね、
まだ梅雨明けじゃないんだって。
来週また太平洋高気圧が下がって、
梅雨空が来て、
それが終われば梅雨明けだってさ。

晩御飯もちょっと夏っぽく、
とうもろこしに、スープカレーとしゃれてみますた。

好評だったでつ。

では明日はAB勤務なので、
昨日のプールの疲れも抜けないので、
寝ることにします。

Zzzzzzzzzz(速っ)

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ヲタおやぢ

Author:ヲタおやぢ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク